ヴィエンナ・コネクション Band1/高瀬理恵


ポルノ映画監督の“ウルス”と黒社会の殺し屋“レオ”
出会うはずのない2人が出会った…。
「定義のできない関係<コネクション>は存在してはいけないのか……」

ミステリーボニータ(秋田書店)で連載され人気を博した『ヴィエンナ・コネクション』が、大幅に描き下ろしページを加えて待望の単行本化!!

新人映画監督のウルスが受けたC級ポルノの仕事。しかしギャラ未払いに怒り心頭で制作会社に回収に向かうが、そこで待っていたのは、空のオフィスと銃を持ったマフィアたち!?
慌てて飛び降りた窓の外には、凄腕の若き殺し屋 レオ が待ち受ける。
ウルスは思い出す、最悪の占い結果だった己の星座と同じ名前【獅子座<レオ>】だと…。

ウィーンの街で生きる二人の男。一人は若き映画監督、一人はマフィアに雇われた殺し屋。
接点のなかった男達が出会い、それぞれの歯車が噛み合い回り始める――

『江戸の検屍官』(小学館刊)で迫力かつ緻密な絵柄を描く、高瀬理恵の新たな才能の扉が開く。人々の絆をテーマにしたアクション・ヒューマンドラマここに開幕!



[定価] 961 円(税込)
[ISBN] 9784847068195
[発売日] 2018/05/30

紙書籍 電子書籍

著者作品一覧へ 著者一覧へ戻る