ヴィエンナ・コネクション Band2/高瀬理恵


ポルノ映画監督の“ウルス”と黒社会の殺し屋“レオ”
出会うはずのない2人が出会った…。
親しき者の突然の死が、残された者達の関係<コネクション>を紡ぎ始める――

ミステリーボニータ(秋田書店)に連載され人気を博した『ヴィエンナ・コネクション』が、
大幅に描き下ろしページを加えて待望の単行本化!!

愛する人を失った喪失感から自分を責めるエヴェリンを、なすすべなく見守るしか出来ないウルス。
そんなある日、ウィーンの街で失踪事件が頻発し始める。
再び、殺し屋のレオと行動を共にするウルスだが、彼との間の定義できない関係を感じ始め…。
そして二人は事件に巻き込まれていくことに。

ウィーンの街で映画監督を夢見て暮らすウルスと、殺し屋としてマフィアに雇われて生きるレオ。
接点のなかった二人が出会い、そして絆が生まれてゆく――

『江戸の検屍官』(小学館刊)で迫力かつ緻密な絵柄を描く、高瀬理恵の新たな才能の扉が開く。
人々の絆をテーマにしたアクション・ヒューマンドラマ第2弾ここに開幕!



[定価] 961 円(税込)
[ISBN] 9784847068201
[発売日] 2018/05/30

紙書籍 電子書籍

著者作品一覧へ 著者一覧へ戻る