流香魔魅の杞憂 1巻/奥瀬サキ


物語は小田原から始まる。口寄屋の流香魔魅と、高架下で拾った少女、來夕。二人に幽霊が囁く。そして幽霊の記憶が蘇る。

事故車に乗り事故物件で暮らす、長身美麗(そして微乳)の口寄屋、流香魔魅。
彼女は幽霊の囁きを聞いて、幽霊の記憶を見る。
とある雨の日、小田原駅近くの高架下で雨宿りをしていた少女、來夕を拾うところから物語は始まる。
損害保険調査員、天芽芝覇郎の依頼で、不審死の調査協力に趣いた流香魔魅と來夕。
多摩川の中流、水底から幽霊の記憶が蘇る……。
奇才・奥瀬サキが描く、あやしい二人のほのぼの除霊譚、待望の単行本第1巻!!


ガムコミックスプラス
[定価] 745 円(税込)
[ISBN] 9784847068027
[発売日] 2017/08/25

紙書籍 電子書籍

著者作品一覧へ 著者一覧へ戻る