作品紹介

時は昭和の始め。新聞を賑わし、人々の間で噂される正体不明の賊がいた。その賊は変装が得意で二十の全く違った顔を持つと言われ、人々からは怪人「二十面相」と呼ばれていた。一方、日本一の名探偵と呼ばれる男がいた。どんな難事件も解決してしまう容姿端麗で印象の良い背広姿の紳士、その男の名を明智小五郎と言った。盗賊と探偵…、二人の対決が近づく!昭和の東京で活躍した少年探偵団が今ここに蘇る!!

閉じる
キャラクター紹介 閉じる