流香魔魅の杞憂/奥瀬サキ

2017年11月8日 

 著者近況

葉が落ちて冬景色になる前に、次の取材に行かないと……。


作品紹介

事故車に乗り事故物件で暮らす、長身美麗(そして微乳)の口寄屋、流香魔魅。
彼女は幽霊の囁きを聞いて、幽霊の記憶を見る。
とある雨の日、小田原駅近くの高架下で雨宿りをしていた少女、來夕を拾うところから物語は始まる--。

最新話を読む 第一話を読む


  
 ID:uHrTm3SNUAFSNmTa
もうすぐ50になるオッサンです。
低俗霊狩りの連載を楽しみにしていました。
同じように年齢を重ねた魔魅さんと再会できて、
本当に幸せです。
奥瀬先生、次話を楽しみにお待ちしています!
 ID:q6SLtW21xDWWgLHs
魔魅ねーさん変わらずお美しい…まったりした話運びもいい感じです。
 ID:qVWzNgvxNhFN0sv7
犯行シーンにぞくっとしました。急にがっと展開が来る感じがすごかったです。
 ID:NFgMYDEziPeywBux
面白かったです!一話完結で事件が解決すると読後感がすっきりしますね。
 ID:HkzRjqDbrs16LKQP
今回のシリーズは『ゾワッ』とする絵や話が多いですね
6話もゾワッときました

READ MORE

バックナンバー

押せない回の公開は終了しています

12

キャラクター

  • 流香魔魅(りゅうかまみ)

    長身美麗だが胸はちょっと残念な口寄屋。
    幽霊の囁きを聞き、幽霊の記憶を見ることができる。
  • 來夕(きゆう)

    雨の日に偶然出会った少女。
  • 天芽芝覇郎(あめしばはろう)

    魔魅に仕事の依頼をしてくる損害保険調査員。

関連書籍

  • 流香魔魅の杞憂 1巻

    流香魔魅の杞憂 1巻

  • 低俗霊狩り 【完全版】 5巻 〔完〕

    低俗霊狩り 【完全版】 5巻 〔完〕

  • 火閻魔人 -鬼払い- 2巻

    火閻魔人 -鬼払い- 2巻