セイキマツブルー/ヒロタシンタロウ

セイキマツブルー
ヒロタシンタロウ

2018年7月25日 

 著者近況

初めての商業作品でドキドキです。
よろしくお願い致します。

電脳マヴォにて「怪虫の夏」が連載中です!

【Twitter】@hirota249
【pixiv】ヒロタシンタロウ

作品紹介

1999年7月
世界滅亡の引き金は、私と私の友人だった…。
 
平凡な学校生活を送る女子中学生・高坂。
ある日、クラスメイト・遠峰がいじめられている現場に偶然居合わせてしまう。
しかし彼女に見えたものは、いじめだけではなく奇妙な形をした怪獣・アンゴルモアの大王だった。
関わり合いになる必要はないと考えつつも、高坂はいじめを見逃すことができず、遠峰に救いの手を伸ばしていく…。
成長していく恐怖の大王、そして二人の未来の先にあるのは…。

最新話を読む


  
 ID:pMyKbrpaI9uD8iwU
続きが気になる
 ID:NbRSs97eHnsGTYbk
商業デビューおめでとう!
酷暑のなか筆者の身体が痩せていくのが心配です。
即身仏にならないように気をつけて下さい。
デビューのお祝いで
 ID:zFPggVKS8ydebSj8
油断したら死にそうな雰囲気が良い!
 ID:nKBXs9mjmsG8v0dw
これはやばいですね。好きです……。続きが気になります。
 ID:wjTBSUhHF1m03JxA
デザインセンスがさすがです!
頑張ってください!

READ MORE

バックナンバー

押せない回の公開は終了しています

1

キャラクター

  • 高坂

    平凡に中学校生活を送る少女。ある日、クラスメイトの遠峰がいじめにあっているところに居合わせた事から交流が始まっていく。
  • 遠峰

    クラスメイトからいじめにあっている気弱な少女。ある事件をきっかけに怪獣・大王を生み出した。高坂とは徐々に打ち解けていき、秘密の話を告白する。

1